県警データ悪用わいせつ、元巡査が一部否認 さいたま地裁

 埼玉県警のデータベースで不正に得た個人情報をもとに女性宅を訪ねて体を触ったとして、強制わいせつなどの罪に問われた元県警鉄道警察隊巡査、當野弘児被告(32)=さいたま市見沼区=の初公判が27日、さいたま地裁(任介辰哉裁判官)で開かれた。當野被告は「認めます」と述べる一方、性的な目的で女性宅を訪ねたとする起訴内容の一部を否認した。

 検察側は冒頭陳述で、妻との関係が悪化していた當野被告が、性的な関係を持つことができそうな女性を県警のデータベースで検索していたと主張した。

 起訴状などによると、當野被告は昨年8月、データベースの情報をもとに、さいたま市の女性宅を不動産業者を装って訪問、体を触ったほか、平成30年12月にも同市の別の女性の情報を不正に得たとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ