営利目的でMDMA密輸の疑い 茨城の無職女を再逮捕 神奈川県警

 別の女らと共謀のうえ、営利目的で合成麻薬MDMAを輸入したとして、神奈川県警薬物銃器対策課は27日、麻薬取締法違反(営利目的共同輸入)の疑いで、茨城県茨城町宮ケ崎の無職、遠藤美智被告(24)=覚せい剤取締法違反の罪で起訴=を再逮捕した。「MDMAとは知らずに受け取った」などと容疑を否認している。

 再逮捕容疑は住所不詳、マッサージ店経営の西野玲容疑者(44)=麻薬取締法違反容疑で逮捕=ら数人と共謀のうえ、1月10日、営利目的でオランダからMDMA約9000錠(末端価格約3600万円)を航空小包に隠し、輸入したとしている。

 同課などによると、オランダから届いた国際郵便物2個を横浜税関川崎外郵出張所の職員が検査し、中身が書類だと記載された荷物の中からMDMAを発見。中身を入れ替えて追跡捜査し、遠藤容疑者宅に荷物が届けられたところを確認したため、麻薬特例法違反容疑で現行犯逮捕し、尿検査で覚醒剤反応が検出された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ