歌手の槙原敬之容疑者、尿から違法薬物成分検出されず

 約2年前に当時の自宅で覚醒剤などを所持したとして歌手の槙原敬之(のりゆき)(本名・範之)容疑者(50)=東京都渋谷区=が警視庁に逮捕された事件で、槙原容疑者の尿から覚醒剤と危険ドラッグを含む全ての違法薬物の成分が検出されなかったことが27日、捜査関係者への取材で分かった。

 組織犯罪対策5課は槙原容疑者の薬物使用の有無を調べるため、警視庁科学捜査研究所で逮捕直後に採取した尿の鑑定を行っていた。

 槙原容疑者は今月13日、平成30年春に当時住んでいた港区のマンションで、覚醒剤と「ラッシュ」と呼ばれる液状の危険ドラッグを所持したとして逮捕された。捜査関係者によると、所持について大筋で容疑を認めたが、使用については「長い間薬物は使っていない。検査しても使用反応は出ないと思う」などと説明していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ