「同居後から暴言や束縛」 心愛さん母証言 千葉虐待

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん=当時(10)=を虐待し死なせたとして、傷害致死罪などに問われた父勇一郎被告(42)の裁判員裁判公判が26日、千葉地裁(前田巌裁判長)で開かれた。心愛さんの母(33)は証人尋問で「(被告の)第一印象は明るくてやさしかったが、同居するようになると暴言を吐いたり束縛したりするようになった。家族や友人と連絡を取らないように言われ、仕事も辞めさせられた」と述べた。証人尋問は法廷と別室を映像と音声でつなぐビデオリンク方式で行われた。

 母は、勇一郎被告の暴行を制止しなかったとして傷害ほう助罪に問われ、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年の判決が確定している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ