新型コロナ 「ゴジラのせき」発言に「怪獣王をなめるな」「内閣総辞職ビーム?」

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の新型コロナウイルス感染者らを受け入れた愛知県岡崎市での住民説明会において、厚生労働省東海北陸厚生局の局長が「ゴジラ」を例に不適切な発言をしていた問題で、加藤勝信厚労相は25日、同局長を厳重注意したと明らかにした。インターネットでは、緊張感を欠いた発言を責める声や、“言葉狩り”をしている場合かと騒動を批判する声が飛び交う一方で、ゴジラファンらの反応にも注目が集まっている。

 同市で4月に開院予定の藤田医科大岡崎医療センターは、今月18日から感染者らの受け入れを開始。同日に開かれた住民説明会で、同局長が飛沫感染に関して「『ゴジラ』のような大きなせきをする人がいない限り感染しない」などと話していた。冗談のつもりだったという。

 世界的に新型コロナウイルスの不安が広がっている時期ということもあり、発言に「不謹慎だ」「冗談を言っていい場ではない」「感染者に失礼」などと非難が集中。加藤厚労相が説明しなければならない事態に発展した。ツイッターでは、患者を怪獣扱いしているなどと、やや脱線気味のコメントを書き込む人もいたようだ。その反対に、時間と場所をわきまえなかったことは認めつつも「ピリピリしすぎ」「揚げ足取り」「離れた位置の相手には飛沫感染しないことを例えただけ」とフォローする意見も出ている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ