野田小4虐待死、父親初公判詳報(1)「しつけ超えていた」涙声で謝罪も…罪状の事実関係は細かく認否

 《千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が自宅浴室で死亡した虐待事件で、傷害致死罪などに問われた父、勇一郎被告(42)の裁判員裁判初公判が21日、千葉地裁で始まった》

 《事件をめぐっては、心愛さんが平成29年11月、学校のアンケートで「お父さんにぼう力を受けています」と書き、児童相談所が一時保護したが約1カ月半後に解除していたことが判明。アンケートの写しを野田市教育委員会が被告に渡していたことも発覚するなど、一連の行政対応も問題となった》

 《心愛さんの母(33)は勇一郎被告の暴行を制止しなかったとして傷害幇助罪に問われ、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年の判決が確定している》

 《千葉地裁は勇一郎被告の審理について、3月9日の結審までに公判を10回開くことを決めている。被告人質問は3月4~6日の3日間、判決は19日の予定。勇一郎被告が、死亡に至る経緯や暴行の状況をどのように語るかが注目される》 《午前11時、2人の刑務官に付き添われ勇一郎被告が入廷した。勇一郎被告は開いたままのドアを背に立ち止まり、深く頭を下げた。先を歩き始めていた刑務官が、勇一郎被告が3秒程度、礼をし続けていることに気づき振り返る。勇一郎被告は自席に向かう際も歩きながら2度頭を下げ、着席時にも深く礼。黒いスーツに青いネクタイ。黒縁眼鏡をかけ、丸刈りがそのまま伸びたような髪形だった》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ