暴行の一部否定も「罪争わず」 女児虐待死事件で父、反省も

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が昨年1月に自宅浴室で死亡した虐待事件で、傷害致死罪などに問われた父、勇一郎被告(42)は21日、千葉地裁(前田巌裁判長)の裁判員裁判初公判で、傷害致死について「罪は争わない」と述べる一方、「飢餓状態にしたりストレスを与えて衰弱させたりしたことは一度もない。立たせ続けたり冷水シャワーを掛けたりしたこともない」と暴行の内容を一部否定した。

 勇一郎被告は「娘にしてきたことはしつけの範囲を超え、後悔している。未来のみーちゃんを見ることが楽しみだったが、私自らができなくしてしまった。深く反省している」とも述べた。

 検察側は冒頭陳述で「気に入らないことがあれば繰り返し虐待した」と指摘した。一方、弁護側は起訴内容を「おおむね認める」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ