父親、暴行の一部否定も罪争わず 「しつけ範囲超える」と反省 野田小4虐待死

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が昨年1月に自宅浴室で死亡した虐待事件で、傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(42)の裁判員裁判初公判が21日、千葉地裁(前田巌裁判長)で開かれた。勇一郎被告は傷害致死について「罪は争わない」と述べる一方、「(心愛さんを)飢餓状態にしたりストレスを与えて衰弱させたりしたことは一度もない。立たせ続けたり冷水シャワーをかけたりしたこともない」と暴行の内容を一部否定した。

 死亡に至る経緯や暴行の状況などを争い、心愛さんが虐待を訴えた学校アンケートの際の暴行罪については無罪を主張。一方で「娘にしてきたことはしつけの範囲を超える。深く反省している」とも述べた。

 検察側は冒頭陳述で、一度離婚した被告が心愛さんと離れて暮らす間に成長していたことで疎ましく思うようになったと指摘。「気に入らないことがあればストレスのはけ口として繰り返し虐待した。日常的、継続的な虐待の末に死亡させた」と述べた。弁護側は起訴内容を「おおむね認める」としたものの、「心愛さんの教育のためにやったことが、行き過ぎてしまった。被告は反省している」と主張した。

 公判は3月9日の結審までに10回開かれ、証人尋問に11人が出廷。勇一郎被告の虐待を止めなかったとして傷害幇助(ほうじょ)罪に問われ、有罪が確定した妻(33)も今月26、27日に証言する。被告人質問は3月4~6日。判決期日は19日の予定。

 起訴状によると、勇一郎被告は長女の心愛さんを日常的に虐待し、昨年1月22~24日、十分な食事を与えなかったり、冷水シャワーをかけたりして死亡させたとしている。死因は飢餓や強いストレスによるショックや致死性不整脈、溺死のいずれかとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ