相模原殺傷 弁護側、無罪主張で結審 植松被告「控訴しない」

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(30)の裁判員裁判の第16回公判が19日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。弁護側は最終弁論で、大麻使用の影響で心神喪失状態にあったなどとして、植松被告の完全責任能力を否定、改めて無罪を主張した。

 最終意見陳述で植松被告は「どんな判決でも控訴はしない」と話した一方、これまでのように重度障害者の家族に対して差別的な持論を展開し、結審した。判決は3月16日に言い渡される予定。

 弁護側は、植松被告の犯行直前の言動や、診断を行った精神科医の証言などから、大麻の乱用による「大麻精神病」の状態であったと指摘。「自らの行為の意味を真に理解していたとは思えない」「善悪を判断する能力はなかった」とした。

 また、犯行当時の植松被告を「ブレーキが壊れて、アクセルが入りっぱなしの状態だった」などと、たとえを用いて説明。「この事件がどれほど悲惨でも、被告には無罪が言い渡されるべきだ」と強調した。

 検察側は17日の論告で「被告人の行動は統制されており、犯行の発想から実行までの大麻使用の影響は小さかった」と主張。植松被告は犯行当時、完全責任能力を有しており、犯行は「卑劣で残忍、冷酷無比と言わざるを得ない」として死刑を求刑していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ