植松被告「控訴しない」 相模原殺傷公判結審

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖被告(30)の裁判員裁判第16回公判が19日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。弁護側は最終弁論で、争点となっている事件当時の刑事責任能力を否定。「精神障害による心神喪失状態で、無罪が言い渡されるべきだ」と主張した。植松被告は最終意見陳述で「どんな判決でも控訴しない」と述べ、結審した。判決は3月16日に言い渡される予定。

 弁護側は、被告が大麻使用の影響により「2015年(平成27年)から人格は急激に変化した」とし「重度障害者はいらない」と考えるようになり、殺害動機に発展したと説明。「犯行の意味を真に理解していたと言えない。異常な思考と一体不可分。大麻精神病に極めて強く支配され、善悪の判断能力はなかった」とし、完全責任能力があったとする検察側の主張に反論した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ