神戸の児相、小6女児を未明に追い返す ネットはあ然「なんの為にあるの?」「また神戸か…」

 神戸市の「こども家庭センター」(児童相談所)で、今月10日午前3時ごろに、インターホンごしに「家を追い出された」と助けを求めにきた小学6年の女児に対し、夜間の窓口業務を委託されているNPO法人の職員が「警察に行くように」と告げ、追い返していたことが18日、市関係者らへの取材で明らかになった。この対応が、「来訪者があれば、速やかに市職員に報告する」というマニュアルに違反してることから、同市は「子供が助けを求めたのに対応が不適切だった。NPO法人に指導している」としている。

 女児はその後、近くの交番で保護され、兵庫県警からの連絡でセンターが一時保護した。男性職員は市の調査に対し「緊急性を感じなかった」と釈明しているという。

 18日、このニュースがさまざまなメディアで報じられると、センターの対応がネットでも大きな話題となり、「児童相談所」「小6女児」「窓口職員」という関連ワードがツイッターでトレンド入りする事態に。SNSにさまざまな意見が届いた。

 やはり目立ったのは、センターに対する厳しい声だ。ツイッターには「午前3時に子供が来て、緊急性が無いと思う方がどうかしてるだろ」「なんの為にあるの?児童相談所って…」「児童相談所じゃなくても保護やろ」などの書き込みが並ぶ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ