「災害派遣」バス4台、大黒ふ頭に クルーズ船乗客下船へ

 クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」が停泊する大黒ふ頭では14日午前から、救急車やワンボックス型の介護タクシーが船体横に乗り付け、走り去る光景がみられた。コロナウイルスに感染した乗客を医療機関に搬送しているとみられる。

 横付けされる車両と船体の間はブルーシートで遮蔽され、乗客が運び込まれるところは確認できない。その周囲では白い防護服を着た関係者が作業に当たっており、船内に残された乗客の一部は、デッキの上から様子を見守っていた。

 午前11時を過ぎると、高齢の乗客を下船させるためとみられる大型バスが4台ふ頭内に入っていった。バスのダッシュボードには「災害派遣」と書かれたプレートが置かれており、いずれも陸上自衛隊員とみられる迷彩服姿の男性が運転席に座っている。4台は船に近づくと車両のカーテンを閉め、乗客の受け入れに備えているようだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ