沖縄でも新型肺炎疑い 玉城知事発表、14日夕に検査結果

 沖縄県の玉城デニー知事は14日の記者会見で、県内の1人について、新型コロナウイルス感染の有無を確認する検査を行ったと発表した。感染が拡大しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が今月1日に那覇港に寄港した際、乗客と接触した可能性があるという。同日夕に検査結果が出る見通しだ。

 検査対象者はせきなどの肺炎とみられる症状があるが、県幹部は「重症には至っていない」と話す。県は対象者の性別や年齢、職業などは公表していない。

 ダイヤモンド・プリンセスが那覇港に寄港した際に乗員・乗客2679人が下船した可能性があり、県は乗客らと接触した可能性があるタクシー運転手や観光産業関係者ら約200人の健康観察を行ってきた。このうち6人について簡易検査を実施したが、1人の陰性が確認できず、再検査を行ったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ