五輪・パラ組織委が対策本部設置 新型コロナウイルス拡大受け

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪・パラリンピック組織委員会は6日、対策本部を4日付で設立したことを明らかにした。

 対策本部は武藤敏郎事務総長を本部長とし、全ての副事務総長や局長らで構成。4日の初会合では、現状把握とともに同様の対策本部を立ち上げた国や東京都などと連携して適切に対応していくことを確認した。武藤氏は「安心安全な大会にするために、関係方面と十分な連携を取る体制をつくった」と説明。「五輪・パラリンピックは予定通り開催される」と強調した。

 IPCのスペンス広報部長は「IPCも組織委も専門家ではない。世界保健機関(WHO)や関係国当局と定期的に対話し、彼らの助言に従う」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ