沢尻エリカ被告に猶予判決 東京地裁

 自宅マンションで合成麻薬MDMAなどを所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた女優、沢尻エリカ被告(33)の判決公判が6日、東京地裁で開かれた。滝岡俊文裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 19席の一般傍聴席を求め、朝から多くのファンらが地裁近くの日比谷公園に集まった。午前11時の締め切りまでに並んだ人は915人で、倍率は約48倍だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ