「人の心を持っていない」 相模原殺傷遺族ら涙の質問もすれ違い

 「どうして」「なぜ」-。相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(30)の差別的な思考の背景に迫ろうと、犠牲となった入所者の遺族らはときに涙を浮かべながら、事件を起こした理由を繰り返し問いかけた。それでも植松被告は「社会のため」などと一方的な答えを淡々と続け、問答はすれ違いを続けた。

 横浜地裁で行われている審理では被害者や家族に配慮し、一部を除き死者を「甲」、負傷した入所者を「乙」と分けてアルファベットを割り振り、「甲B」「乙C」などと匿名で呼んでいる。

 被害者参加制度を利用して最初に質問に立った「甲E」さん(女性)=当時(60)=の弟の男性は、遮蔽板を使わず植松被告と向き合い、事件以来「(自分は)狂乱状態」と打ち明けた。声は柔和で丁寧な口調だが、感情を必死に抑えているようにも聞こえた。

 植松被告は「亡くなられた方々には誠に申し訳なく思います」と述べた。男性は「(事件後に)私は放心状態になり、涙が止まりませんでした」とハンカチで目頭を押さえた。

 「意思疎通ができない人は社会の迷惑になっている」。事件を起こした理由をこう語る植松被告に対し、男性は「なぜ殺さないといけなかったのか」と畳み掛けたが、「殺した方が社会の役に立つと思った」と従来の身勝手な主張を繰り返した。

 「大切な人は」との問いには「大切な人はいい人です」とかみ合わない返事をする場面も。応酬は平行線をたどり、男性への謝罪の言葉は最後までなかった。

 「切なくなってきた」。男性はこう述べ、質問を終えた。

 続いて質問に立ったのは重傷を負った尾野一矢(かずや)さん(46)の父、剛志(たかし)さん(76)。「今、幸せですか」と問いかけると、植松被告は「幸せではありません。面倒だから。不自由だから」と応じ、重度障害者が必要ないと考えた理由を「彼らの世話をしている場合ではないと思った」と答えた。

 「悩みながら子育てをし、ほんの小さなことを喜びと感じてきた。あなたはそれを奪ってしまった」。剛志さんが切々と訴えると、植松被告は「育ててこられた母親のことを思うと、いたたまれないと思う」と応じた。

 公判で謝罪する植松被告の態度に、剛志さんは「おわびをしている今の気持ちは受け止めたい」としつつ、「あなたの犯罪は社会に受け入れられないと思うし、私たち家族も受け入れることはできない。まして絶対に許すこともできない」と怒りをにじませた。

 剛志さんは植松被告に子供時代や両親について質問したが、回答を拒否する場面もあった。

 質問後、取材に応じた剛志さんは植松被告の謝罪について「パフォーマンスだとしか思えない」と述べ、「あんなに堂々と話ができるのは人の心を持っていないからなのではないか」と振り返った。

 植松被告が差別的な考えを持つようになった経緯については「うやむやにされた」とする一方、「親について質問をしたときだけは、気持ちが揺れているように感じた。彼の考えは世界中の誰も理解できないはずだが、両親に対しては何らかの感情はあるのだろうと思った」と複雑そうな表情を浮かべた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ