相模原45人殺傷被告人質問詳報(4)「事件で自分の考え伝えた」裁判員の質問にも自説繰り返す

 《午前の被告人質問で、亡くなった甲Eさんの弟と、重傷を負った尾野一矢(かずや)さん(46)の父、剛志(たかし)さん(76)からの質問に答えた植松聖被告。休廷を挟んで午後の公判では、裁判員による被告人質問に移る》

 《午前の法廷では直接、遺族や被害者家族から問いかけられたためか、植松被告は目を細めるようなしぐさをするなど、やや疲れたようにも見える》

 裁判員1「犯行前に新宿の焼き肉店で、女性と食事をした際『昔の自分は嫌いだったが、いまの自分は好き』と話したそうですが、昔の自分はどこが嫌いだったのですか」

 植松被告「下世話な話になってしまいますが、(女性が知人の男性に対して送った)LINEのやりとりではボロクソにけなされてしまいましたが、女性が家に泊まりにきたことがありました。そのとき、何もできなくて情けないなあと思いました。(女性を)満足させられる自信がなかったのだと思います」

 《薄笑いを浮かべながら答える植松被告。過去にこの女性との間にあったやりとりを思い出しているようだった》

 裁判員1「デリヘル嬢との別れ際、『僕のことを忘れないでください』といったそうですが、これはなぜですか」

 植松被告「恥ずかしいことを言ってしまったなと思います」

 《裁判長が「もうよろしいですか」と裁判員1に確認を取ったうえで、裁判員2が質問を始めた》

 裁判員2「大学卒業後、就職した会社をやめてしまった理由は何ですか」

 植松被告「仕事が大変だったからです。下請けという仕事は割に合っていないと思いました。本社からの下請けというのは搾取されてしまうと思いました」

 裁判員2「交際相手の女性に対し、イルミナティカードについて6の数字にこだわりをみせていたようですが、なぜ6にこだわったのですか」

 植松被告「666は悪魔の数字で、人間はみな悪魔だと思います。優しい悪魔になれればいいなと思います」

 裁判員3「やまゆり園には防犯カメラがついていて通報されるとは思わなかったのですか」

 植松被告「はい、そう考えていました」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ