殺害「社会の役に立つ」植松被告、遺族の質問に 相模原殺傷公判

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(30)の裁判員裁判第10回公判が5日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれ、犠牲者の遺族らによる被告人質問が行われた。

 犠牲者の女性=当時(60)=の弟は「なぜ殺さなければならなかったのか」と質問。被告は「社会の役に立つと思ったから」と答えた。現在の心境を問われると「遺族の方と話すのは心苦しいと思っている」と述べた。重傷を負った尾野一矢(かずや)さん(46)の父、剛志(たかし)さん(76)も質問した。

 質問は被害者参加制度に基づき実施。重度障害者への差別発言を繰り返す被告が、被害者側からの直接の問いにどう答えるか注目されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ