沢尻エリカ被告 初公判詳報(1)黒髪のポニーテール、上下黒のパンツスーツ 「お守り袋にMDMAがある」

 《自宅マンションで合成麻薬MDMAなどを所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた女優、沢尻エリカ被告(33)の初公判が31日午後3時、東京地裁(滝岡俊文裁判官)で始まった。わずか19席の一般傍聴席を求めるファンらが朝から地裁近くの日比谷公園に集まり、長蛇の列をつくった。午前11時の締め切りまでに並んだ人は2229人、倍率は約117倍。女優、酒井法子さんの覚せい剤取締法違反事件の初公判(約330倍)には及ばないが、麻薬取締法違反の罪に問われ懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決が確定したミュージシャンで俳優だったピエール瀧(本名・瀧正則)さんの初公判(約60倍)の約2倍に達した》

 《昨年12月6日に警視庁東京湾岸署から保釈された際は、沢尻被告が乗った車のカーテンは閉められ、表情はうかがい知れなかった。沢尻被告が逮捕以降、公の場に姿を見せるのは地裁の法廷が初めてとなる》

 《午後3時。入廷した沢尻被告は傍聴席を一瞥(いちべつ)して席に着いた。上下黒色のパンツスーツに白いシャツを着用。黒い髪を後ろで結んだポニーテールで、長いまつ毛と深紅の口紅が目を引く。その唇を真一文字に結び、じっと前を見据える。滝岡裁判官が開廷を告げた》

 裁判官「それでは時間になりますので始めます。被告人は証言台の前に立ってください」

 《沢尻被告が証言台の前に立つ》

 裁判官「名前は何といいますか」

 沢尻被告「沢尻エリカと申します」

 《静まり返った法廷に沢尻被告の声が響く。裁判官に生年月日を尋ねられた沢尻被告は、背筋を伸ばし、はっきりとした口調で答えていく。明智光秀が主人公の今年の大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』では、斎藤道三の娘で織田信長の正妻となる帰蝶(濃姫)役として初回から登場予定だった。今回の事件でドラマは撮り直しとなり、代役に川口春奈さんが起用されたことも話題になった》

 裁判官「職業は?」

 沢尻被告「無職です」

 裁判官「本籍、住所は起訴状記載の通りでいいですか」

 沢尻被告「はい。間違いありません」

 裁判官「これから審理を始めます。検察官が起訴状を読み上げますので、聞いていてください」

 検察官「公訴事実。被告人は…」

 《男性検事が起訴状を朗読する。起訴状によると、沢尻被告は昨年11月16日に東京都目黒区の自宅マンションで、カプセルに入ったMDMAを含む粉末約0・19グラム、LSDを含む紙片約0・08グラムと液体約0・6グラムを所持したとしている。沢尻被告は顔を左に向けて、起訴状を読み上げる男性検察官の顔をじっと見つめている。朗読が終わると、裁判官が黙秘権などについて説明した上で、起訴内容についての認否を尋ねた》

 裁判官「それでは今、読んでもらった事実について審理を始めます。公訴事実にどこか間違いはありませんか」

 沢尻被告「間違いありません」

 裁判官「その通りで間違いないですか」

 沢尻被告「はい」

 《沢尻被告は裁判官の目をじっと見据え、はっきりとした口調で答えた。弁護人も「公訴事実に争いはありません」と伝え、罪状認否が終わると、検察官がどのように犯罪事実を証明するかを説明する冒頭陳述が始まる》

 《沢尻被告は昨年12月、所属事務所を通じ「多くの方々を裏切ってしまったことを心の底から後悔しております」などと謝罪するコメントを発表し、人間関係を含め違法薬物とのつながりについて「一切断つことを固く決意し、専門家の指導も受けて、立ち直ることをお約束します」とした》

 検察官「被告人は東京都で出生し…」

 《沢尻被告の生い立ちが紹介され、続いて犯行に至る経緯が明らかにされる》

 検察官「19歳のころから大麻やコカイン、MDMAを服用するになった…」

 《近年、演技力が評価されていた沢尻被告。念願のNHK大河ドラマ出演も決まり、重要な役に意欲を示していたにもかかわらず、なぜ自らの人生を台無しにするようなことをしてしまったのか。続いて検察官の証拠説明に移る。読み上げるのは若い女性検事だ》

 検察官「被告人が『お守り袋の中にMDMAがある』と申し出たことなどを記載しています」

 裁判官「被告人、ちょっと証言台の位置に」

 《裁判官が沢尻被告に向かって再び証言台の前に立つよう促した。証拠を確認するためだ》

 検察官「MDMAを被告人に示します。今見せたMDMAはすべてあなたのものでよいですか」

 沢尻被告「はい」

 裁判官「元の席に戻ってください」

 《女性検事が早口で供述調書などの証拠の説明を続ける。沢尻被告は注目の法廷で何を語るのか》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ