弘中弁護士事務所で謀議か ゴーン被告らに逮捕状 東京地検

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)罪などで起訴=が保釈中にレバノンに逃亡した事件で、東京地検特捜部は30日、入管難民法違反(不法出国)容疑でゴーン被告の逮捕状を取った。逃亡の手助けをしたとして犯人隠避などの容疑で米陸軍特殊部隊グリーンベレーの元隊員、マイケル・テイラー容疑者(59)ら3人の逮捕状も取った。ゴーン容疑者はレバノン、他の3容疑者も国外に滞在しているとみられ、実際に逮捕できるかは不透明な状況だ。

 ほかに逮捕状が出たのはジョージ・ザイエク(60)、ピーター・テイラー(26)の両容疑者。ピーター・テイラー容疑者は逃亡前、ゴーン容疑者の弁護人を務めていた弘中惇一郎弁護士の東京都千代田区の事務所で計4回、ゴーン容疑者と面会。逃亡の前日などにも別の場所で会っており、特捜部は、逃亡に関する謀議が行われた疑いが強いとみている。特捜部は29日、弘中氏の事務所を家宅捜索し、面会記録などを押収している。

 ゴーン容疑者の逮捕状の容疑は、昨年12月29日午後11時ごろ、入国審査官から出国の確認を受けずに、関西空港からプライベートジェット(PJ)で不法に出国したとしている。

 関係者によると、ゴーン容疑者は昨年12月29日、東京都港区の住宅を1人で外出し、近くのホテルで3容疑者と合流。このうちマイケル・テイラー容疑者とザイエク容疑者と新幹線で新大阪駅まで行き、大阪府内のホテルで音楽コンサート設備用の箱の中にゴーン容疑者を隠したという。その後、PJに箱を運び込み、トルコ経由でレバノン入りしたという。

 米紙などによると、マイケル・テイラー容疑者はアフガニスタンで2009年、反政府勢力タリバンに拘束されたニューヨーク・タイムズ紙の記者救出に関わるなど警備業界では著名な存在だとされている。

 特捜部は、ゴーン容疑者の妻、キャロル・ナハス容疑者(53)についても、昨年4月に東京地裁で行われた証人尋問で虚偽の証言をしたとして、偽証容疑で逮捕状を取り、国際手配している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ