弘中弁護士事務所を捜索 面会簿などを押収 ゴーン被告逃亡 東京地検

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)が保釈中にレバノンに逃亡した事件の関係先として、東京地検は29日、弁護人を務めていた弘中惇一郎弁護士の東京都千代田区の事務所を入管難民法違反(不法出国)容疑で家宅捜索した。ゴーン被告の面会簿などの関係資料を押収したといい、逃亡の詳しい経緯を調べる。

 報道陣の取材に応じた弘中氏によると、ゴーン被告が使用していたパソコンなども押収リストの目録に書かれていたが、刑事訴訟法に規定された押収拒絶権に基づき拒否したという。弘中氏は「面会簿以外の押収は拒絶した。(捜査員が)事務所のドアを壊したり、事務員の机の鍵を開けたりした。これから対応を考えたい」と話した。

 ゴーン被告は保釈条件で、弘中氏の事務所が提供したパソコンに限り、平日午前9時~午後5時に、事務所内で使用できることになっていた。逃亡後、地検はパソコンの任意提出を求めたが弁護団は拒否。このため地検は差し押さえ令状を取得し、8日に弘中氏の事務所を訪れたが、弁護団は押収拒絶権に基づき拒否していた。弘中弁護士は16日に弁護人を辞任した。

 ゴーン被告は昨年12月29日、関西空港からプライベートジェットで出国したとみられている。地検は不法出国の疑いがあるとして、警視庁と連携して入管難民法違反容疑で捜査。これまでに、逃亡には米国籍の2人が関与した疑いがあることが分かっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ