相模原殺傷、被告「匿名審理、問題を象徴」 家族に負担と一方的主張

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(30)の裁判員裁判第9回公判が27日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。24日に続いて実施された弁護側の被告人質問で「裁判で一番言いたいこと」を問われた被告は、被害者を匿名とした今回の審理を挙げ、「匿名裁判は重度障害者の問題を浮き彫りにしている。施設に預けるということは、家族の負担になっているということ」と主張した。

 弁護人は「大麻の使用によって思い浮かんだ一番良いアイデアは何か」と質問。植松被告は「重度障害者を殺害した方が良いということ」と答えた。

 検察側は、被害者が意思疎通できないとどうやって判断したのかを尋ねた。被告は「部屋の様子やその人の雰囲気で判断した。部屋に何もないと、自分の考えを伝えられない人だと思った」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ