吹田交番襲撃で重傷負った巡査が職場復帰

 大阪府吹田市の大阪府警吹田署千里山交番で昨年6月、同署の古瀬鈴之佑(すずのすけ)巡査(27)が包丁で刺されて重傷を負い、拳銃を奪われた事件で、通院しながらリハビリを続けていた古瀬巡査が20日、職場復帰した。当面は交番には戻らず、同署地域課で事務作業にあたる。

 府警によると、古瀬巡査は午前9時前に吹田署に到着し、新たな業務の説明を受けた。現在も腕を上げると胸が痛むといい、今後もリハビリを続けるという。

 古瀬巡査は昨年6月16日、飯森裕次郎被告(33)=強盗殺人未遂や公務執行妨害の罪などで起訴=に胸など7カ所以上を刺され、一時意識不明となったが、その後回復。昨年11月に退院し、今月16日に主治医から職場復帰を認められていた。

 事件直後から、地元住民らから「早く復帰してほしい」と、激励の電話や千羽鶴が寄せられた。学生時代、ラグビー強豪校で活躍した古瀬巡査に、ラグビー日本代表も動画でメッセージを送った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ