大津園児死傷事故 判決前に被害家族ら意見陳述へ

 大津市の交差点で昨年5月、散歩中に信号待ちをしていた保育園児らの列に車が突っ込み、16人が死傷した事故で、大津地裁が判決公判の期日に指定していた16日に審理を再開し、被害に遭った園児の家族らによる意見陳述を行う方向で調整をしていることが15日、関係者への取材で分かった。判決は16日の意見陳述後に言い渡される予定。

 自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪に問われた新立(しんたて)文子被告(53)が昨年12月の論告求刑公判後に民放のインタビューに応じ、「不運が不運を呼んだ事故」「子供がいるので(刑期が)短くなればいい」などと話したことを受けての措置。被害者弁護団は「このまま(判決を前に)何も言わずに放っておく状況ではなくなった」として検察側と協議を重ね、検察側が大津地裁に審理の再開を申し立てた。

 新立被告は公判で起訴内容を認め、最終意見陳述では「事故と向き合い、一生罪を償う。心からおわびする」と謝罪。検察側は昨年12月10日、禁錮5年6月を求刑した。

 一方で、新立被告が保釈中だった昨年9月に、知り合いの男性に連絡を取るように執拗(しつよう)に迫ったとしてストーカー規制法違反などで再逮捕、同罪で追起訴されたことなどを受け、被害園児の家族らからは「反省が見られない」として重い刑を求める声が出ている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ