自宅で大麻草を栽培疑い 横浜の41歳男逮捕

 神奈川県警は15日、自宅で大麻草を栽培したとして、大麻取締法違反(営利目的栽培)の疑いで、横浜市中区本牧三之谷の無職、川崎清和容疑者(41)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は14日、自宅マンション内で、大麻草208本(末端価格2080万円相当)を営利目的で栽培していたとしている。「栽培していたことは間違いないが、営利目的ではない」と、容疑を一部否認している。

 大麻栽培の道具を販売していた店に出入りしていたことから、県警が14日に自宅を家宅捜索した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ