秋元容疑者、贈賄側から架空領収書 旅費の自己負担偽装目的か

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、収賄容疑で再逮捕された衆院議員、秋元司容疑者(48)が贈賄側の中国企業「500ドットコム」本社を視察した際、旅費について、同社側から架空の領収書の発行を受けていた疑いがあることが14日、分かった。東京地検特捜部は、旅費を自己負担したと偽装する目的だったとみて調べている。

 秋元容疑者の再逮捕容疑は平成29年9月上旬、IR事業で便宜を受けたいとの趣旨だと知りながら、「500」社側から200万円の振り込みを受けたほか、同年12月下旬、広東省深●(=土へんに川)(しんせん)の同社本社やマカオのカジノに招待され、旅費など約150万円相当の利益供与を受けたとしている。

 秋元容疑者の政治団体の政治資金収支報告書には、この際の「旅費」として2人分計256万円が記載され、同社側が発行した領収書2通が添付されていたが、実際には同社が負担していたという。

 200万円は講演料名目だったとされる。弁護側によると、秋元容疑者は「講演料は賄賂と考えていない。旅費は秘書が払ったと認識していた」と供述、容疑を否認している。

 特捜部は贈賄容疑で「500」社日本法人元役員、鄭希ことジェン・シー(37)▽同社元顧問、紺野昌彦(48)▽同、仲里勝憲(47)-の3容疑者も再逮捕した。

 特捜部は14日、最初の逮捕容疑について約376万円相当の収賄罪で秋元容疑者を起訴し、刑法の「身分なき共犯」を適用して同罪で豊嶋晃弘元政策秘書(41)を在宅起訴した。さらに贈賄罪で「500」社側の3容疑者を起訴したほか、同罪で札幌市の観光会社「加森観光」の加森公人会長(76)を在宅起訴した。また無届けで現金1500万円を海外から持ち込んだとして、外為法違反罪でも鄭、紺野両容疑者を起訴した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ