小学5年から飲酒…19歳の少年がスナックで客を撲殺するまで

 日本では未成年者飲酒禁止法により、飲酒は20歳からと定められている。アルコールが精神や身体の発育に大きな影響を与えるからだ。それを体現するような事件が昨年6月、大阪市西成区のスナックで起きた。来店客同士のトラブルの末、69歳の男性が死亡。逮捕されたのは19歳の少年だった。小学5年から始まった飲酒習慣と、それを容認してきた大人たちが招いた悲劇。「親失格だ!」。あまりにも理不尽な展開に、法廷では少年の父親に向けた遺族の叫びが響いた。

執拗な肘打ち、頭突き

 昨年6月29日、大阪メトロと南海電鉄の天下茶屋駅からほど近い1軒のスナック。常連の男性客2人が和やかにグラスを傾ける中、表情に幼さの残る1人の少年が姿を見せた。

 「21歳やから」。店主のママにそう告げた少年はハイペースで10杯近くの焼酎水割りを飲み続け、やがて常連客に「おっさんら、年いくつや」と絡み始めた。

 危うさを感じたママは帰りを促した。だが少年は突然、1人の男性客の顔面を殴打。制止されても構わず胸への肘打ちや頭突きを繰り返した。顔が青白くなり、動かなくなった男性はその後、死亡した。死因は肺動脈などの損傷による出血性ショックだった。

 少年は傷害容疑で逮捕、後に同致死罪で起訴された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ