NHK仙台放送局職員が54万円着服、懲戒免職

 NHKは23日、不正経理で約54万円を着服したとして、仙台放送局の経理担当の男性職員(43)を30日付で懲戒免職処分とすると発表した。

 NHKによると、職員は今年5~12月、外部業者などへの架空の支払いデータを入力して13件の不正経理を行い、自分の口座に振り込ませて54万750円を着服した。別の経理担当職員が過去のデータを調べていた際、着服した職員の口座に振り込まれているのを見つけて発覚した。

 着服した金はパチンコで作った借金の返済や生活費に充てていた。すでに全額弁済したという。職員は体調不良のため9月から欠勤していたが、早朝や休日に出勤してパソコンを操作し、不正を行っていたという。

 NHKは23日付で仙台放送局の経理担当者ら上司4人を懲戒、2人を訓告の処分とした。上田良一会長が報酬の30%を1カ月、担当役員が20%を1カ月自主返納する。

 黄木(おおぎ)紀之理事は「受信料で支えられているNHKで、職員による不正な経理処理というあってはならないことが起きた。極めて重く受け止めている。視聴者の皆さまに深くおわびする。再発防止に向けて業務管理を一層徹底していく」と謝罪した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ