昨年から100人以上増加 加速する「半グレ」壊滅作戦、大阪府警の真の狙いとは

【衝撃事件の核心】

 大阪府警が、大阪の繁華街を中心に犯罪行為を繰り返す不良集団「半グレ」に対する捜査態勢を強化している。今年は府内にある複数のグループのメンバーを相次いで摘発、その数は延べ約300人を超えた。派手な生活ぶりをSNS(会員制交流サイト)で発信する裏で、仲間を使い犯罪に手を染める半グレ。暴力団のように事務所を設けることがなく、犯罪行為のたびに集まったり、1人が複数のグループに所属したりすることから、組織の実態解明は難しく、府警はさらなる取り締まりと情報収集を図る方針だ。

半グレ幹部を摘発

 11月下旬、大阪地裁では女性を集団で脅迫するなどしたとして強要罪に問われた籠池勇介被告(33)の公判が開かれていた。

 「テポドン」の異名を持つ籠池被告は半グレ「テポドングループ」のリーダー。大阪・ミナミで飲食店を経営するほか、ファッションモデルなども務めており、写真共有アプリ「インスタグラム」のフォロワーは1万5千人を超える。

 この日の公判では、女性が所属し、テポドンと敵対する半グレ「アビスグループ」のリーダー格、菅野深海(しんかい)被告(21)=暴力行為等処罰法違反罪で起訴=を呼び出して謝罪させるために女性を脅迫したことなどが明らかになった。

 菅野被告も未成年のときからガールズバーを運営。月5千万円ほど売り上げるなど影響力を持っていたという。

特殊詐欺にも関与

 テポドングループの上部組織として存在するのが、元格闘家の相良(さがら)正幸被告(35)=強制性交罪で起訴=が率いる「拳月(けんむん)グループ」だ。

 拳月は相良被告のかつてのリングネームで、グループ内にはテポドングループのほかにも複数の組織があるとされる。

 府警はその一つ「モロッコ」を率いるツートップとされる梶諒被告(21)と岡本一樹容疑者(20)も摘発している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ