破産前に資産1億円隠匿容疑 男2人逮捕

 連帯保証人になっていた会社の破産を見越して個人資産約1億円を別会社の口座に振り込んで隠匿したとして、警視庁捜査2課は、破産法違反(詐欺破産)の疑いで、会社役員、松本宗篤容疑者(47)=東京都港区=と、会社役員、須永雄一容疑者(56)=同練馬区=を逮捕した。

 逮捕容疑は平成26年2月下旬から3月上旬にかけ、松本容疑者が代表を務めていた革製品輸入販売会社が破産手続き開始決定を受ける前、須永容疑者が代表の靴輸入販売会社に約1億円を移転して財産を隠したとしている。

 捜査2課によると、松本容疑者は「財産を隠すつもりで自分の金を振り込んだつもりはない」と否認し、須永容疑者は「金を振り込まれたことは知らなかった」と否認している。

 須永容疑者は以前、松本容疑者の会社に勤めていて部下だったことがある。逮捕容疑の約1億円はその後引き出されており、松本容疑者に返却された可能性がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ