同居の3歳男児に暴行し死なす 傷害致死容疑で会社員の男を逮捕 警視庁

 同居していた交際相手の長男(3)に暴行して死亡させたとして、警視庁捜査1課は3日、傷害致死容疑で、東京都昭島市郷地町、会社員、渡辺雄二容疑者(34)を逮捕した。調べに「何もしていない。風呂の中で浮いていた」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は9月28日ごろ、当時住んでいた江東区豊洲のマンション内で、男児の腹部に暴行を加え、病院搬送後の29日に死亡させたとしている。司法解剖の結果、死因は内臓損傷による失血死だった。

 捜査1課によると、渡辺容疑者は28日午後1時25分ごろ、「入浴中にうつぶせで意識を失っている」と119番通報。救急隊の到着時、渡辺容疑者はリビングで男児に心臓マッサージをしていた。渡辺容疑者は「一緒に風呂に入っていて先に上がり、目を離して1人にしてしまった」などと説明していたという。

 渡辺容疑者は当時、自身の長男と交際相手の女性、男児の4人で暮らしていた。事件当日、女性は不在だった。

 捜査1課は室内に第三者が侵入した形跡がないことなどから、渡辺容疑者の犯行と断定。事件前に渡辺容疑者が女性や子供たちに暴力を振るったことはなく、児童相談所や警察への相談もなかったという。捜査1課は詳しい経緯を調べる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ