男児死亡、腹部に打撃か 傷害致死容疑で逮捕の男「風呂に浮いていた」と説明

 同棲(どうせい)相手の連れ子だった男児(3)に暴行を加え、死亡させたとして、会社員、渡辺雄二容疑者(34)が傷害致死容疑で警視庁に逮捕された事件で、男児の死因は司法解剖の結果、内臓損傷に伴う失血死だったことが3日、捜査関係者への取材で分かった。男児は腹部に打撃を受けたとみられる。

 渡辺容疑者は調べに対し、「何もしていない。風呂の中で浮いていた」と容疑を否認している。

 渡辺容疑者は9月28日午後1時25分ごろ、「入浴中の男児がうつぶせで意識を失っている」と119番通報していた。救急隊の到着時、男児はリビングに移されていた。

 逮捕容疑は9月28日ごろ、当時住んでいた江東区豊洲の住居内で、男児に暴行を加え、29日に死亡させたとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ