大阪女児誘拐事件 被害者をネットで非難する卑屈な人々

 今後、被疑者の供述で、被害女児に"連れて行ってと言われた"などと出てくれば、こうした歪んだ見解が蔓延することも容易に想像できる。だが、たとえ小学生の女児と「会う約束」を取り付けていたとしても、相手が未熟で、その判断力が成年に比べて劣っていることは理解できたはず。会うまで相手が未成年であることを知らなかったのならば、会った瞬間にやりとりを拒否すべきだったろう。仮に彼女から助けを求められるほどの事情を訴えられたとしても、人様の子息である小学生を勝手に連れ出しては誘拐だと誰でも判断がつく。結局は法を犯してまでも欲求を満たしたいという、被疑者の身勝手なのだ。

 民放局ディレクターも、同じような思いを吐露する。年齢制限を破って登録したSNSを利用したからといって、悪いのは一私企業の利用規約を守らなかった子供ではない、法律を守れない大人の側だと断言する。

 「我々が被疑者の異常性を描くほど、被害女児が悪いのではないか、という空気が生まれる懸念がある。そこに便利な道具があれば使うのは当たり前だし、子供の行動を禁じるだけではナンセンス。だとすれば、大人が子供たちを守っていくしかないはずなのに、卑怯な大人たちはなぜか子供を自分と同じ土俵に上げて考えたがる。これは弱いものいじめ、弱者を食うという卑劣な行いなんです。こんなこと、いちいち報道で解説しなくてもわかるだろうとも思うのですが」

 逮捕された容疑者の男も、ネットを通じて知り合った女児を、自らと「対等」、もしくは男と女としての関係と捉えたのか。支配欲、あるいは少女を守ってやろうといういびつな正義感による行動だったのかもしれない。こういうときこそ大人は皆、子供が護られるべき存在であることを忘れてはならないし、容疑者の罪を見過ごしにして、被害者を貶めるような歪んだ考え方が大手を振って主張されるようなことを許してはならない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ