大阪女児誘拐事件 被害者をネットで非難する卑屈な人々

 明らかに弱者が被害者となった事件が起きたとき、なぜか被害者のあら探しに熱心な人たちがいる。その声は、SNSの普及によって実際より大きく広まってしまうことがある。大阪の小学6年生女児が行方不明になり、栃木県で発見された事件をきっかけに、あぶり出された大人の不見識がSNSで声高に叫ばれる歪みについて、ライターの森鷹久氏が考えた。

* * *

 「本当にありがとうございます。感謝しています。」

 11月17日から行方不明になっていた大阪府内の女児が、栃木県内で6日ぶりに無事保護された。不明時から、メディアに気丈にも応じていた母親だったが、現在は取材をうけていない。今頃は、深い安堵の中で愛娘と幸せを噛み締めているのだろう。

 不明から女児の発見、そして被疑者の逮捕、というめまぐるしい展開のなか、今回の事件は過去に発生した誘拐事件と比べると、取材現場のテンションが低めだ。それは次のような理由だ。大手紙関西担当記者の話。

 「いわゆる"誘拐事件"、近年でいえば2016年に埼玉・朝霞で誘拐された少女が2年ぶりに保護されたときと比べると、連れ出された時の様子が違う。女児は、ネットゲームとSNSを通じて知り合った被疑者と事前に連絡を取りあい、男の家に行っていたのです。朝霞の事件と比べると、無理矢理連れ去った印象が薄い。もちろん、小学生の女児ですから、仮に彼女が一緒に移動することを受け入れていたとしても、それは成人同士の"同意"とは異なります。しかし、共感を得られにくくなったのは事実」

 ネット上では、もっと極端な、配慮がない声が目立っている。小学6年でスマホを持たせる家庭環境が悪い、自発的に行ったのだろう、(被疑者の)男はかわいそうだ、といった意見である。被害者を非難する声が出やすくなってしまっているのだ。前述の記者は、女児の保護、犯人逮捕で落ち着いた本事案について、検証報道をやり過ぎてしまうと「女児が悪い」といった空気の醸成が進むことを懸念している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ