大阪小6女児誘拐 容疑者の祖父は安倍晋太郎元外相の秘書だった…父は自殺か

 大阪市の小学6年女児(12)が誘拐され栃木県小山(おやま)市で保護された事件で、未成年誘拐容疑で逮捕された自称派遣社員、伊藤仁士容疑者(35)は、高校受験の失敗が大きな挫折体験となっていた。くしくも同容疑者の父親も、医師の国家試験に合格できずに不慮の死をとげていたことが関係者の証言で分かった。

 伊藤容疑者の同級生の女性によると、中学時代は全国大会で優勝経験もある剣道部に所属していた伊藤容疑者は、「社交的ではないがとにかくすごくまじめな印象」だったという。

 文武両道を地で行く伊藤容疑者だったが、高校受験に失敗し志望校への入学がかなわなかったことから歯車が狂い始めた。

 事件前にはラーメン店や自動車教習所などのアルバイトを転々としていたといい、「定職に就いていないという話を聞き、あんなにまじめだったのにと驚いていた」と前出の女性。

 一方、「伊藤容疑者の父親は、医者を志していたが、国家試験に合格できなかった」と打ち明けるのは、元山口新聞東京支局長の濱岡博司氏。

 「(伊藤容疑者の祖父にあたる)伊藤五十男氏は、安倍晋太郎元外相の秘書を務めていた」といい、「晋太郎氏は私大振興政策に力を入れていたこともあって、五十男氏の息子は愛知医科大に入学した。それが伊藤容疑者の父親に当たるということだ」と続ける。

 伊藤容疑者の父親は医大で学んだが、「国家試験には合格できなかった。その影響もあったのか、最終的には自殺してしまったと聞いている」と濱岡氏。仁士容疑者がまだ幼いころだ。

 結果的に伊藤容疑者と父親はそろって試験に人生を狂わされたことになるが、もちろん女児誘拐を正当化する言い訳にはならない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ