大阪不明女児保護 本名隠しツイッターで接触か「別の女の子の話し相手に」

 大阪市住吉区の小学6年の女児(12)が誘拐され栃木県小山(おやま)市で保護された事件で、大阪府警に未成年者誘拐容疑で逮捕された同市の自称派遣社員、伊藤仁士(ひとし)容疑者(35)が、会員制交流サイト(SNS)の「ツイッター」を使い、本名を隠して女児に接触していたとみられることが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 府警は同日、伊藤容疑者を大阪地検に送検。女児のスマートフォンや靴を取り上げ、鉄砲の弾のようなものを見せていたことなどから、同容疑に監禁容疑も加えた。伊藤容疑者は「親の承諾なしに女児を自宅に連れて行ったが、誘拐しようとしたのではない」と未成年者誘拐容疑を否認しているという。

 捜査関係者によると、伊藤容疑者は今月10日ごろ、ツイッターのダイレクトメッセージで「こんにちは」などと女児に接触。その後、やり取りを続け、「半年前に来た別の女の子がいる。しゃべり相手になってほしい」と自宅に誘った。

 伊藤容疑者は17日朝に女児と大阪で合流。電車で小山市の伊藤容疑者宅に行き、女児が脱出する23日午前まで監禁状態にして一緒にいたが、その間も伊藤容疑者は本名を名乗っていなかったとみられる。

 また、府警は25日も容疑者宅の家宅捜索を実施。銃弾のようなもののほか、スマートフォンの通話などに使う「SIMカード」を、女児のものを含め3枚発見。パソコンのハードディスクも押収し、解析を進める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ