「創作意欲がみなぎって」世界遺産・龍安寺に落書きの男を逮捕 ネット「残念すぎる」

 世界遺産・龍安寺(京都市右京区)の山門に落書きしたとして、京都府警右京署が24日、器物損壊の疑いで、自称、横浜市神奈川区神奈川の会社員の男(44)を逮捕した。男は容疑を認め、「創作意欲がみなぎってきて書いた」と供述しているという。この供述内容が話題となり、SNSにはネットユーザーから厳しい声が集まっている。

 逮捕容疑は24日午後3時40分ごろ、龍安寺の山門の内壁に縦、幅各約30センチにわたって「我青龍 感謝朱雀 待たせたな 白虎」と3色の油性ペンで落書きしたとしている。

 男の「創作意欲がみなぎってきて…」という言葉に対し、SNSには「は?」「龍安寺の白壁なら、そりゃー創作意欲わくでしょうョ」「こういうの本当困る」「そういうのは創作とは言わないぞ」「創作意欲がわいたなら、私物にでも書いてください」といった厳しい声が殺到。また「創作意欲は結構だが、他人に迷惑をかけない想像力も大切だと思うよ」「言ってることは格好いいのに、やってることが残念すぎる」など、男の行動に呆れるユーザーも目立った。

 同署によると、観光客が落書きをしている男を見つけて110番。同署員が付近にいた男に職務質問したところ、落書きしたことを認めたという。落書きは、寺の関係者によってすでに消された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ