大阪不明女児保護 女児は連れ去られた先が栃木と知らず 伊藤容疑者が大阪に

 大阪市住吉区の小学6年の女児が誘拐され、栃木県小山市で保護された事件で、大阪府警に未成年者誘拐容疑で逮捕された同市の職業不詳、伊藤仁士(ひとし)容疑者(35)が24日午後、大阪に到着した。

 これまでの府警の調べで、女児は伊藤容疑者と一緒に移動した先が栃木県とは知らされていなかったことが判明。伊藤容疑者宅に着くとスマートフォンや靴を取り上げられたという。伊藤容疑者が女児を長期間にわたって自宅に閉じ込めておこうとしていた可能性があり、府警は今後、経緯や動機について本格的に取り調べる。

 伊藤容疑者は24日正午すぎ、新幹線でJR新大阪駅に到着。多くの報道陣が詰めかける中、警察官に囲まれて車に乗り込み、留置先の府警本部へ。同駅では上着のフードをかぶっており、府警本部に入る際も表情はうかがえなかった。

 伊藤容疑者は24日午前、捜査員とともに栃木県警小山署を出発。JR小山駅から新幹線を使うなどして大阪に移送されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ