未成年者誘拐容疑で35歳男逮捕 「誘拐しようとしたのではない」否認 大阪不明女児保護

 大阪市住吉区で17日から行方不明になっていた小学6年の女児(12)が23日、栃木県小山(おやま)市の交番で6日ぶりに保護された。目立ったけがはなく、無事という。女児は「男の家から逃げてきた。別の女の子もいる」と説明。栃木県警は男を特定して身柄を確保、男と一緒にいた別の少女(15)も保護した。大阪府警は同日、女児を誘拐したとして未成年者誘拐容疑で、同市の職業不詳、伊藤仁士(ひとし)容疑者(35)を緊急逮捕した。「誘拐しようとしたのではない」と容疑を否認しているという。

 府警などによると、女児は17日午前に自宅を出た後に行方が分からなくなり、同日午後10時ごろ、30代の母親が府警住吉署に「娘がいなくなった」と届け出た。

 府警は19日に女児の顔写真を公開。情報提供を呼びかけるとともに、防犯カメラを調べるなどして女児の行方を捜していた。

 女児は23日午後1時半ごろ、小山市内の犬塚交番に駆け込み、氏名を名乗った上で、「30歳くらいの男の家から逃げてきた。もう1人、女の子が家にいる」と説明。県警が家の周辺を捜査していたところ、伊藤容疑者が少女とともに出てきたため、身柄を確保した。

 逮捕容疑は17日午前10時35分ごろ、未成年と知りながら、女児を住吉区の自宅近くの公園で誘拐したとしている。

 女児は母親と10代の姉、兄との4人暮らし。17日午前7時ごろに自宅で朝食を取るのを母親が確認した。母親が仮眠し、午前11時ごろに起きたときには姿がなく、2階にいた姉や兄も気付かなかった。

 母親は午前11時すぎに、女児のスマートフォンに電話したが、電源が切れていてつながらず、送ったメッセージも既読にならなかった。午前10時半ごろに友人が女児に送信した無料通信アプリ「LINE(ライン)」のメッセージは既読となり、簡単な返信があったが、それ以降は電源が切れた状態が続いていた。

「少女の話し相手になって」SNSで少女誘う

 伊藤仁士容疑者が今月10日ごろから、女児にSNSで「半年くらい前に来た女の子がいる。しゃべり相手になってほしい」などとメッセージを送り、自宅に来るよう誘っていたことが23日、大阪府警への取材で分かった。伊藤容疑者が身柄を確保された際に一緒にいた別の少女は、約半年前から容疑者宅にいたとみられ、府警や栃木県警は少女の身元や詳しい経緯を調べている。

 府警によると、伊藤容疑者は今月10日ごろ、女児に「こんにちは」とメッセージを送信。「どこに住んでいるのか」「何歳か」などのやり取りをした後、自宅に来るように誘ったという。

 17日午前10時35分ごろ、女児の自宅近くの公園で女児と待ち合わせをして、近くの駅から一緒に電車に乗り、その日のうちに伊藤容疑者宅に到着。家に着くと、女児が所持していたスマートフォンを取り上げたという。

 その後、女児は伊藤容疑者と少女の3人で容疑者宅で過ごしていたが、怖くなったため、23日朝に容疑者宅を出て、交番に駆け込んだという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ