保護の女児、監禁男と「SNSで連絡」

 大阪市住吉区の自宅から外出した後、行方不明になっていた小学6年の女児が栃木県内で保護された事件で、女児は監禁されていた男について、「SNSで連絡を取った」などと話していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。

 男は30代くらいとみられ、栃木県警や大阪府警が詳しい状況を調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ