“大麻の師匠”逮捕でネット「悪の根源じゃねーか」「沢尻エリカよりこっちの方がやばい」

 大麻の栽培で使用される照明器具や肥料などを販売したとして、神奈川県警薬物銃器対策課が20日、大麻取締法違反(栽培幇助)の疑いで、東京都世田谷区の会社代表の男(53)を逮捕した。捜査関係者によると、この容疑者は、一部の顧客から“師匠”と呼ばれ、肥料の使い方など栽培方法も教えていたとみられる。このニュースを受け、ネットでは怒りの声が上がるなど、大きな話題になっている。

 同課によると、容疑者は2016年から、東京都渋谷区で園芸用品販売店を経営。実際は同店で、外国から輸入した大麻栽培に使われる器具を専門に扱っていたとみられる。同様の事例による摘発は、都道府県警で初という。

 SNSには「とんでもない師匠がいたもんだね!」「『大麻の師匠』って何だよw悪の根源じゃねーか」など怒りの投稿が。「栽培指南までしていたのか」「他人に栽培方法教えるとか一番だめだろ?いい大人がなんでよ??」などとあきれるユーザーも見られた。

 容疑者は「分かりません」などと容疑を否認しているという。ネットでは「沢尻エリカよりこっちの方がやばい気がするんだけど」という声も集まっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ