関西屈指の進学校で教諭が体罰 SNS「東大寺学園までもが」

 奈良市の東大寺学園中学・高校に勤務する40代前半の男性教諭が7月、北海道への修学旅行中に高校2年の生徒19人に体罰を加えていたことが13日、分かった。全国屈指の名門校として知られる同高の体罰にネットでも驚きの声が上がっている。

 森宏志校長によると、2年生約220人が富良野市内のホテルに泊まった際、この教諭は就寝時間を守らなかった生徒22人を呼び出し、問題があったとみた19人の頬を平手でたたいたり、すねを蹴ったりしたという。学校側は保護者会で謝罪。この教諭を処分するとしている。生徒らにけがはなかった。

 名門校の不祥事にSNSには「東大寺学園でもこんなのあるんや」「東大寺学園どうしたの、、、」「東大寺学園までもが」「東大寺学園への受験者数減りそう」など、驚きの声が集まっている。

 森校長は「教諭と生徒との距離が近く、認識の甘さがあった。暴言を含めて体罰は看過できるものではなく、厳しく対処する。今後、生徒が安心して通学できるよう体制を整えたい」と話した。

 関西地区では灘(神戸市)や洛南(京都市)などとともに毎年、難関大に多くの合格者を輩出している同高。HPの進路状況によると、2019年の主な国立大学の合格者数は、東大27人、京大68人、阪大15人などとなっている。また毎年夏に放送される「全国高等学校クイズ選手権」(日本テレビ系)の常連校としても知られ、「クイズ研究部」は優勝経験もある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ