「どうせ死刑になる」京アニ事件、青葉容疑者が供述

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)の第1スタジオ放火殺人事件で、京都府警が任意で事情を聴いたやけどの治療で大阪府内の病院に入院中の青葉真司容疑者(41)=殺人などの容疑で京都府警が逮捕状を取得=が容疑を大筋で認め「どうせ死刑になる」などと話していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。青葉容疑者への聴取は8日に約1時間行われ、今回が初めてとみられる。

 ただ、逮捕状の執行には長期の勾留に耐えられるという医師の判断が前提で、身柄を拘束する見通しは立っていない。

 青葉容疑者はガソリンをまいて火を付けた際に重いやけどを負って入院していたが、複数回の皮膚移植手術を行うなど治療が続けられた結果、現在は寝たきりの状態を脱し、車いすに座れる程度にまで回復。座った状態でのリハビリも始めているという。これらの事情から入院中の聴取は裁判で供述の任意性が争われる可能性があり、府警は聴取するか否かを含め慎重に検討していたが、治療の結果、事情聴取は可能と判断したとみられる。

 事件は7月18日午前10時半ごろ発生。青葉容疑者はスタジオに侵入してガソリンをまいて火を付け、京アニの社員を殺害した疑いなどが持たれている。

 事件では社員36人が死亡し、33人が重軽傷を負った。全身にやけどを負った青葉容疑者は、高度な治療が必要として、京都市内の病院から大阪府内の病院に転院、治療が続けられていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ