東京・東久留米の民家で住人男性死亡、30カ所以上の刺し傷 警視庁

 8日午後1時20分ごろ、東京都東久留米市下里の民家で1階の窓ガラスが割られていると110番通報があり、警察官が2階寝室で住人の会社員、二(ふた)岡(おか)一浩さん(55)の遺体を見つけた。検視の結果、二岡さんは首と腹などを30カ所以上刃物で刺され、傷の一部は臓器に達していた。室内に物色された形跡があり、警視庁捜査1課は田無署に捜査本部を設置、強盗殺人事件として捜査を始めた。

 捜査本部によると、二岡さんは内縁の妻、妻の長女との3人暮らし。妻と娘は2日からイタリアに旅行をしており、二岡さんの勤務先から8日午前に「出勤していない」と連絡を受けた妻が、近くに住む次男に様子を見に行くよう依頼。次男が110番通報した。

 二岡さんはシャツ、下着姿でベッド上にあおむけに倒れていた。寝室に争った形跡はなかったが、二岡さんの腕に抵抗時にできる防御創があり、1階、2階の部屋は引き出しが出たままになるなど荒らされた様子だった。妻は8日午前0時ごろ、二岡さんから無料通信アプリ「LINE(ライン)」でメッセージを受け取っていたという。現場は西武池袋線東久留米駅から南西約2・5キロの住宅街。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ