NGT48裁判 男性側がツーショット写真提出 山口さんは「リクエストのポーズしただけ」と反論

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の元メンバー、山口真帆さん(24)に対する暴行事件をめぐり、運営会社「AKS」(東京)が、暴行容疑で逮捕された男性ファン2人=不起訴=に3000万円の損害賠償を支払うよう求めた裁判で、男性側が山口さんとのツーショット写真を新潟地裁に提出していたことが5日、分かった。ファン向けのイベントで撮影されたものだが、男性のうち1人と山口さんとの私的な“つながり”を示し、暴行の意図がなかったことを立証するための物証とみられる。AKS側の代理人弁護士は「証拠として不十分だ」と主張している。

 男性側が提出した準備書面や証拠などによると、写真は平成29年4月に千葉・幕張メッセで行われた「ツーショット写メ会」で撮影されたもの2枚。1枚では、山口さんは右手の指3本を右頬の前にかざし、男性は右の拳を握ってゼロを、左手で3本指を立てている。

 男性は山口さんから住んでいたマンションの部屋番号「303」を教えてもらったと主張しており、その物証として提出。もう1枚は、男性が同じマンションで借りていた部屋番号「602」を同様に2人で示している。

 男性の陳述書では、男性は、山口さんと2人で「どんなポーズにしようか」という話になり、2人の部屋番号を指で作ることになったと主張。2人が事件以前に私的な関係があったことを強調している。

 この写真はすでに一部で報道されているが、山口さんは自身のツイッターで「イベント写真会は(ファンから)リクエストされたポーズをします。それをカメラ目線でやるので相手が何のポーズしているかもほぼ分かりません」と反論していた。

 この裁判で、AKS側は、男性が事件直後、NGT48の他のメンバーが関与していることを認めたため、グループ内の信頼関係が損なわれ、NGT48は劇場公演やツアーを中止に追い込まれるなどして計1億円以上の損害が発生したと主張していた。

 これに対し、男性側は、私的な関係があった山口さんに疎遠にされたことから関係を修復するために現場に行っただけで暴行はしていないとした上で、男性の言動と損害には因果関係がないと争う構えを示していた。

 男性は陳述書で、他のメンバーが事件に関与しているという趣旨の発言はしていないとも主張した。

 男性との私的な関係について、山口さんが現在所属する芸能事務所「研音」は「そのような事実はない」と否定している。

 次回の弁論準備手続きは25日に開かれる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ