京アニ放火 犠牲者しのぶ「お別れ会」 京アニ社長「アニメ作り続ける」

 アニメ制作会社「京都アニメーション」の放火殺人事件で、犠牲者36人を追悼する「お別れ そして志を繋(つな)ぐ式」が2日、京都市左京区の京都市勧業館「みやこめっせ」で開かれた。同社の八田英明社長は「手を差し伸べてくださる方々とともに必死に闘っていきたい」と再建を誓った。

 この日の式典には国会議員や自治体、業界関係者ら約500人が参列。全員で黙祷(もくとう)をささげた。

 八田社長は、国内外から寄せられている義援金について「支援は大きな力となっている」と感謝を述べ、「世界中の人たちに夢と希望と感動を与えるアニメーションを作り続ける」と決意を示した。

 その後、西脇隆俊京都府知事や門川大作京都市長ら参列者が祭壇に献花、手を合わせ犠牲者を悼んだ。会場には、ファンらから届いた色紙や折り鶴などを掲示するスペースも設けられ、「京アニ頑張れ」などのメッセージが掲出された。

 同社は3、4日、ファンら一般を対象にした追悼行事をみやこめっせで行う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ