首里城火災上空ルポ 跡形なく焼け落ちた「沖縄のシンボル」

 白煙をあげて黒焦げになった木片、焼け落ちた朱色の壁、土台部分がむき出しになった木造建築…。31日未明に大規模な火災が発生した那覇市の首里城。取材ヘリに乗り、上空から現場を取材すると、豪華絢爛(けんらん)な琉球装飾と独自の建築様式で築かれた「沖縄のシンボル」は、見るも無残な姿に変わり果てていた。(小松大騎)

 那覇空港から首里城上空へと向かったのは31日午後1時半ごろ。ヘリの男性機長から「正面に見えているのが首里城です」と告げられ、あぜんとした。首里城の中心的な木造建築物である「正殿」は跡形もなく焼け落ち、土台部分だけが痛々しく残っていた。焼けて折れた正殿の木柱のそばでは、消防隊員が必死で放水活動を行う姿があった。

 正殿付近では、粉々になった黒い木片の塊が散らばり、いまだに白煙がくすぶっていた。首里城の上空450~600メートルを旋回しながら、首里城の全体をぐるりと見渡す。あちこちに黒こげの木片やれんがが飛び散っており、鎮火まで約11時間を要したという火災の激しさを物語っていた。

 正殿の正面に位置する「奉神門」は、ほぼ原形をとどめていたが、朱色の壁と赤れんがには、すすや砂ぼこりが付着。近くには赤い鳥居のような残骸も散らばっていた。正殿そばにある「北殿」は、屋根の赤れんがや朱色の側壁が焼け焦げ、骨組みがあらわになっていた。

 琉球王国時代に作られた漆器や絵画などの美術工芸品が展示されていたという「南殿」も焼け、屋根が崩壊している。近接する「黄金御殿」や「書院・鎖之間」、「二階御殿」などもほぼ全焼していた。

 その後、ヘリを首里城上空から移動させ、やや遠目から現場を眺めた。首里城へとつながる急勾配の石畳道には、多くの消防車が列をなし、消防隊員や警察官らが正殿付近などで被害状況を確認したりする様子もみられた。

 主要な建物を焼失した首里城。白煙が漂う正殿跡が、復旧への途方もなく長い道のりを感じさせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ