籠池、諄子両被告に懲役7年求刑 森友学園事件、大阪地裁

 国や大阪府・市の補助金をだまし取ったなどとして詐欺罪などに問われた学校法人「森友学園」前理事長、籠池(かごいけ)泰典被告(66)と妻の諄子(じゅんこ)被告(62)の論告求刑公判が30日、大阪地裁(野口卓志裁判長)で開かれ、検察側は籠池被告と諄子被告に懲役7年をそれぞれ求刑した。

 検察側は論告で、両被告が詐取を発案し、国の補助金申請を代行した小学校の設計業者に対し「多めにもろといて。国からぼったくって」などと指示したと指摘。家族経営の森友学園では、経理などを担当していた諄子被告も経営に大きな影響力を持っていたとした。

 起訴状によると、両被告は平成23~29年、学園が同府豊中市で新設を計画した小学校の建設費を水増しし国の補助金約5644万円を詐取し、教員数を偽り、府や市の補助金計約1億2千万円を詐取したなどとしている。

 両被告は3月の初公判で、国の補助金詐取について「だましていない」などと無罪を主張。府・市分は、籠池被告が一部は適法と主張し、諄子被告は無罪とするなど、起訴内容の大半を否認した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ