不自由展妨害で男に求刑 懲役1年6月、名古屋地裁

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で一時中止になった「表現の不自由展・その後」を巡り、危害を予告するファクスを送ったとして威力業務妨害罪に問われた愛知県稲沢市の無職堀田修司被告(59)は、29日の名古屋地裁(板津正道裁判長)の初公判で起訴内容を認めた。検察側は懲役1年6月を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求め、即日結審した。判決は11月14日。

 検察側は、堀田被告が元慰安婦を象徴する「平和の少女像」の展示を知り、中止させるためファクスを送ったと指摘。被告は被告人質問で「夏休みで子どもたちが見に来ると思い、史実でない人形を見せたくないと思った」と説明。反省の言葉を述べた。

 起訴状によると、堀田被告は8月2日朝、同県一宮市のコンビニから「大至急撤去しろや」などと書いたファクス1枚を、不自由展会場の県美術館(名古屋市東区)宛てに送信。トリエンナーレ実行委員会の業務を妨害したとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ