【台風19号】文化財、台風被害は13都県で222件

 台風19号で大雨特別警報が出た13都県で、歴史的建造物や史跡など国や都県が指定・登録する文化財のうち、少なくとも222件が台風の被害を受けたことが28日、各都県への取材で分かった。うち179件は国の文化財。

 南北朝時代に築かれたとみられる福島県白河市の山城「白川城跡」では土砂崩れが起きた。国指定史跡で、文化庁の調査官が24日、現場を訪れ、近くにある国指定史跡の「名勝」南湖公園とともに被害状況を確認した。

 群馬県富岡市の世界文化遺産、富岡製糸場では、国宝の繰糸所の窓ガラスが破損。長野県松本市では明治期に建てられ、和洋織り交ぜた「擬洋風建築」の代表作とされる国宝の旧開智学校校舎で塔屋のしっくいが幅約160センチ、高さ約50センチにわたって剥落した。

 国の名勝に指定され、世界文化遺産である富士山の構成資産でもある三保松原(静岡市)でも、台風の影響で砂が削られ松の根が露出する被害があった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ